顔を触る女の人

アイクリームで目元にハリと潤いを与えましょう

乾燥は肌を劣化させる

化粧品

乾燥要因は満ち溢れている

乾燥が気になる冬、そして夏場であっても、エアコンの効いた室内など肌を乾燥させる要因はたくさんあります。肌をそのまま露出していると乾燥により劣化が進みます。一度肌の劣化が進むと回復するのに時間がかかりますが、周囲の乾燥要因はそれを待ってくれません。毎日の環境がどんどん肌を劣化させてしまうのです。肌にとって水分は非常に大事な成分です。若いころの肌は水分に満ち溢れています。そしてその水分は肌のもちもち感を作り出してくれます。周囲の乾燥にも負けず、肌の回復も早いため、特に何もしなくても水分を含んだ肌を持続することができるのです。しかし年齢を重ねると、肌の水分を保つことができなくなります。また乾燥した環境に長いこといる場面が多くなり肌の劣化が進んでしまいます。

水分をガードする事

肌を乾燥から守るためには保湿が大事な要件となります。保湿は化粧品などを用いて行います。自ら回復できない肌を外からガードしてあげることで肌の若々しさを保つようにするのです。保湿に一番良いのが化粧水です。化粧水にはヒアルロン酸など保湿成分が含まれているものを使用します。そしてお風呂上りや洗顔など肌に水分を補給したのちに使うのが最も効果的です。さらに保湿しても肌の乾燥は完全に防止できません。時間が経過するとすぐに水分が失われて乾燥してしまうため、化粧水で保湿した肌を乳液やクリームできちんと閉じ込めてあげることが大事なのです。化粧水や乳液、クリームの正しい使用方法を理解してしっかりと肌を潤すことで、肌の乾燥を防ぎ劣化を防ぐことが出来るでしょう。